医師日記

白衣の天使の婚活

医師のエリートといえば大学所属の医師であり、関連病院にずっといるのは医局の窓際族だ。 私のような平々凡々の医師は関連病院の人数合わせ要員として色んな病院の人員穴埋めに奔走することになる。 なので色んな病院の医師、看護師ふくめた...
医師日記

自宅をマイナー改造計画②

奥さんが里帰り出産から帰ってきて、使いやすくなったキッチンを見て喜んでもらうためにせっせと改造中である。 久しぶりに自宅に帰ったため(普段は急患や急変対応のため病院の寮に寝泊まりしている)、Amazonで買い溜めしていた...
医師日記

不適切な救急要請

たまにメディアに取り扱われるため聞いたことがある人も多いのではないだろうか 不適切な救急要請について 今回はこの話題に触れたいと思う。 病院へ行くためのタクシー代わりで要請する 病院まで行く体力と金銭を温存するために救...
医師日記

今の医学部入学の人員編成について思うこと

もう受験シーズンの終わりを迎える頃だろうか。 私が学生のころは1月中旬あたりから入学試験が始まって、3月下旬にかけて続々と補欠繰り上げも含めて受験生の大学が決定していくイメージだ。 私の時も人気だったが、医学部人気は今それ以上...
医師日記

ママさん看護師さん達

私の職場の半分以上がママさん看護師さんだ。 今身籠もっている看護師さんもいる。 半分以上が一児以上の母なので、子供が急に熱を出して休むことも理解があるため子育てナースには働きやすい職場なのだという。 対して、一概には言え...
医師日記

キャバクラの名刺

まだ嫁が里帰りする前にズボンの尻ポケットに入っていたいつのものだかも覚えていないキャバクラの名刺が見つかった。 見つかったというより、ポケットまさぐった時固い紙の感触に違和感を覚え嫁の前で「なんだこれ」って自分で名刺を出してしまった...
医師日記

モーニングルーティン

自己研鑽のためのルーティンは早朝からするようにしている。 ルーティンは帰宅後でもよいのだけれども、帰宅時間が不定期なので習慣化するのに体が慣れない。 というのも脳外科は急患対応が日常であり、帰ろうとした頃に救急外来から急患の連...
出産

胎児の栄養、胎児の教育

自分の専門外の医学知識は乏しい。 特に研修医の時に選択していない科はとりわけ知識不足。 逆に専門外でも研修医のとき選択した科目は研修医を終えて10年経過しても意外に知識は残っており、その該当する科であれば初療(救急搬送されて最...
医師日記

勉強会

急性期病院と言われるような救急医療体制を整えている病院は常に勉強会を開催し、最新の情報や一般的な医学知識・教養を高めている。 私の勤めている総合病院も定期的に勉強会を開催している。 勉強会の内容は、例えば褥瘡(いわゆる床ずれ)...
医師日記

自宅をマイナー改造計画

出産という大事業から凱旋する奥さんに喜んでもらいたく、自宅をもう少し家事しやすい環境に整えたいと思っている。 その成果をアピールしこちらに帰ってくることを楽しみしていてほしいと願う。 里帰り出産を経験した嫁さんの友達何人かは出...
タイトルとURLをコピーしました